fbpx

ビデスロ

オンラインカジノのビデオスロット情報を徹底的に紹介

最近のビデオスロット実践

続きを表示

グッドマン法(1235法)の賭け方と注意点について

グッドマン法(1235法)の賭け方と注意点について
オリケン
今回は非常に保守的な投資法であるグッドマン法について書いていきたいと思います。
nori
なるほど俺みたいなタイプの投資法ってことか
オリケン
マーチンゲール推しが何を言う

グッドマン法(1235法)とは?

グッドマン法はバーレー系に属しており、連勝する度にベット額をあげていきます 。

パーレー法の場合はどんなに連勝していても一度の負けでリセット&マイナスになってしまう欠点がありました。

それを補い、もし連勝の途中で負けてしまっても利益が残るように作られたのがこのグッドマン法です。

手堅くカジノを攻略したい人にはおすすめの手法と言えるでしょう。

使用する場面としては配当が2倍・勝率が1/2のゲームに適しています。

グッドマン法(1235法)の賭けかた

勝利した際にこの手法は発動します。

名前のとおりに1235の数列を使用します。

基本的に勝つまでは1ポイントをベットします。勝利すれば次のベット額は数列1235の2をベットします。

次も勝利すれば3ポイント、また勝利すれば5ポイント、といった具合に連勝した場合は数列(1235)の順番でベットし、

それ以降連勝した場合は5ポイントを賭け続けます。1ポイントをいくらにするかは任意です。

例えば1ポイントを2ドルに設定する場合の賭け金は

2ドル・ 4ドル・6ドル・10ドル・10ドル・10ドル・・・・といった具合になります。

ゲーム数 賭け金 勝敗 損益
1 1 1
2 2 3
3 3 6
4 5 11
5 5 16
6 5 11
7 1 12

上記の表を見てもらえると分かる通り、 連勝の途中で負けてしまったとしても利益をしっかりと確保していることがわかります。

この手法は連勝が続いている限りは5ポイントをかけ続け、負けた際は手法をリセットします。

グッドマン法(1235法)の注意点

この手法のメリットとしては、 負けや連敗が続いたとしても損失を最小限にとどめることが出来ます。

同様に連勝した場合でも多くの利益を望むことができません。

また勝ち負け勝ち負け勝ちのように交互に勝敗が続いた場合損失が大きくなっていきます。

下記の表をご覧ください。

ゲーム数 賭け金 勝敗 損益
1 1 1
2 2 -1
3 1 0
4 2 -2
5 1 -1
6 2 -3
7 1 -2
8 2 -4

記の表のように損失が徐々に増えてきた場合は一度別の手法を用いて損益をプラスマイナスゼロに戻してから再開するのがいいでしょう。

勝ち負けが交互の場面で効果的な手法といえば

などが挙げられます。

グッドマン法(1235法)おすすめの使い方

グッドマン法は5連勝が一つのカギとなります。例えば5連勝した場合利益は16ポイント

6戦目に負けると5ポイントの負けなので差し引き11ポイントのプラスとなります。

つまりその後11連敗したとしても損益はプラスマイナス0です。

逆に15連敗した後に5連勝さえしてしまえば利益をプラス1にまで持っていくことが可能です。

このようにいかに5連勝するかが、このグッドマン法を使用する上で勝利のポイントになることがわかります。

5連勝以降も5ポイントを賭け続けますが、いかに勝率1/2のゲームであったとしてもそれ以上の連勝の確率は非常に低くなっています。

負ければ5ポイントの損失となりますから、5連勝したらリセットするというルールを自分の中で組み込んでもいいかもしれません。

そうすれば5連勝で積み立てた利益を最大限守ることができます。

また、ただがむしゃらに賭けているだけでは5連勝のハードルも高いかもしれませんから、

連続で賭け続けるのではなく一戦一戦を大事に勝負することで、5連勝というノルマをクリアしやすくすることは可能です。

例えば、初戦は好きなように賭けて連勝が始まった時は、赤が3回連続で出たら黒に賭ける。偶数が4回連続で出たら奇数に賭ける。ローが5回連続で出たらハイに賭ける。

と言った具合に連勝する毎に賭けるハードルを上げることでその確率を高めることができるでしょう。

まとめ

グッドマン法にもメリットデメリットがあります。

連勝で効率的に利益を得ることができますし、逆に連敗が続いたとしても損失を最小限に留めることができます。

勝率が1/2のゲームに適している上に勝敗が等しい時にも利益を残すことが可能です。(勝ち負け交互の場合は別)

5連勝というノルマをクリアしてしまえば先に15連敗・もしくは5連勝の後に10連敗したとしても利益を残すことが可能という利点があります。

デメリットとしてはそもそも、連勝しなければ何の意味もないというところです。

赤黒だけではなく、奇数偶数・ハイローにも目を配り「赤と黒交互に入っているが連続で奇数に入っている」と頭の中で整理することで最も適切なベットをすることができるでしょう。

これ以上連勝するのは厳しいと感じれば自分のタイミングでリセットするのが大事です。

なからず欲を出して負ければ5ポイントの損失になってしまうので、いい流れの途中で1ポイントに戻すことが利益確保の大前提と言えるでしょう。

 

コメントはこちら

*

Return Top