fbpx

ビデスロ

オンラインカジノのビデオスロット情報を徹底的に紹介

最近のビデオスロット実践

続きを表示

バカラで毎日勝ち続ける方法考えてみたから試してみて

バカラで毎日勝ち続ける方法考えてみたから試してみて

この記事を読めば分かる事

  • バカラが勝ちやすい理由
  • バカラで負ける原因について
  • バカラ攻略の方法

今回は人気のギャンブル「バカラ」の攻略法について紹介していきたいと思います。

バカラには、様々なベッティングや攻略法が存在していますがこれ!と言った賭け方を見つける事が出来ていない人が殆どではないでしょうか?

 

僕はバカラの様々な攻略法を実践してやってきたのですが、色んなベッティングでバカラのデータを取得しています。

nori
本当だろうな!こちとらバカラでかなりやられてるんだよ!
オリケン
それはあなたがマーチンゲールばかりしてるからでしょw

※補足マーチンゲール法は使い続けると危険な手法です。

そして安心して比較的どんな人でも勝ちやすいベッティング方法を探しているんですが、今回はある1つの方法を紹介したいと思います。

バカラは基本勝てるギャンブル

最初に皆さんに勘違いしてほしくない事があります。

 

それは、バカラというギャンブルは基本的に勝つ事が出来るギャンブルなんですが、では何故バカラには破滅や0と言った負けに対しての強烈なイメージがついてると思いますか?

nori
負けた人間が多いからか?

これは、あくまで僕個人の見解になってしまうんですが、バカラは先ほども言いましたように基本的には勝てるギャンブル!

 

この部分がかなり深く関係していると思います。

 

バカラはプレイヤーとバンカーの2択の中から1つを当てるギャンブルです。

そして、ベッティングを使用する事で勝率が低くても結果的に勝つ事が出来る可能性が非常に高いです。

ですのでバカラは基本は勝ちやすいという風に言いました。

簡単に勝てるからこそ大負けする

そしてバカラは何度も言いますが簡単に勝ちやすいギャンブルです。

 

勝てるからこそ、どんどん油断が発生し連敗が発生した時に今までこんなに負けてなかったのにと焦りが生じて負けてしまいます。

 

ですのでバカラで負ける時のパターンは、かなり簡単です。

 

コツコツと小さな勝ちを続けて、負ける時は一瞬で全ての資金を失ってしまいます。

 

ですのでバカラで気を付ける必要があるのは、どうやって勝つかではなく、負け波が来た時にどのように辞めるか(損切り)がかなり重要になってきます。

バカラの損切りについて詳しく知りたい方は「バカラで損切り出来ないやつは勝てる可能性がほぼ0」こちらの記事をご覧下さい。

 

バカラをずっとやってる人でも、どのようにすれば安定して勝つ事が出来るのを日々研究しています。

僕の個人的な考えでは「どうやって勝つ」ではなく「どうやって辞める」かが重要だと思います。

 

僕も、このバカラで負けパターンを検証した時に全て一緒でした。

負けて徐々に資金が数日間に渡って減ったという事はありません。負けは一瞬で全ての資金を奪い去っていきます。

nori
全く同じだ!俺もコツコツ増えてたのにマーチンゲールのせいで・・・
オリケン
マーチンゲール芸人かよ!笑

激しいマーチンゲールこそ負けの入り口

これも僕の体験談なんですがマーチンゲール法は場面で使う事でかなり有効なベッティングだと思います。

 

ですがベースのベッティング法をマーチンゲールにしてしまうと、99%の人が負けてしまうと思います。

オリケン
1人思い当たる人物がいますね。

 

理由は簡単でバカラに限らずランドカジノでもオンラインカジノでもベット額の上限と下限が設定されています。

これはカジノ側のマーチンゲールの対策です。

そして少額からスタートしたマーチンゲールは負ける確率は、かなり低くなりますが確率が低くなるだけです。

 

決して負ける確率が0にはならないんです。

 

ですので1回でも資金やベット額の上限を超えるような負け波に当たってしまうと100%負けてしまいます。

 

これがマーチンゲールが危険な理由です。単発的に使う事は有効な手段ですが、ベースの賭け方をマーチンゲールにしてしまうと結構すぐに破産すると思います。

バカラ攻略ツールをプレゼント

ベッティングでバカラを攻略した有料ツールをビデスロでは期間限定で無料プレゼントしています。

詳しい内容は「バカラを使った資産運用は可能?!D-BACの能力を徹底検証」こちらの記事で確認出来ます!

上記のツールを使った実践記事は「時給1万超え?DBACでバカラ実践!」こちらで確認出来ます。

長時間のプレイを負けの原因

僕が実感した負ける時のパターンで面白いデータがありましたので、こちらも共有していきたいと思います。

これはバカラに限らず全てのギャンブルで言える事だと思うんですが、長時間のギャンブルはかなりの確率で負ける原因になると思います。

では何故長時間のギャンブルを行うと負けるのか詳しい理由についても紹介していきたいと思います。

控除率で負けるのか!?

基本的にギャンブルというのは、控除率というものが存在し胴元側が確実に勝つように設計されています。

ですのでギャンブルを長く続ければ続ける程負けるという風になっていますが、僕の個人的な意見では、これが負ける理由ではないと思っています。

 

それは全体のプレイ人口を計算すると負けてる人が圧倒的に多いと思いますが、しっかりとしたベッティングとルールそして利確や損切りを行ってる人はこのルールに該当しないと思います。

 

ですが長時間バカラを実践していると、このような人達も負けてしまう事があると思います。その大きな理由について僕が思った事はこちらになります。

集中力の低下

僕が思う一番の原因はこの集中力の低下による負けだと思います。

 

これはどういう事かと言いますと、僕もデータを取っていたので良く分かる事なんですが、長時間プレイをしていると自分では、あまり気づかないんですが本当に集中力が低下していきます。

 

もしかすると、これは僕だけかもしれないんですが、バカラをやると非常に疲れます。

それはかなり集中してるからなのか?それとも実際にお金がかかってるのか?そこまでは分かりませんが、本当に体力も集中力も結構消費してると思います。

待つ事が出来なくなっている

そして集中力が低下した事によって僕の場合はこのような現象が発生します。

最初の方はベットするタイミングのルールを設定しているんですが、時間が経過する毎にその認識が甘くなってしまい、最初は待つ事が出来ていたのに「まぁここでベットしてもいけるかもしれない・・・」という自分の決めたルールを破ってしまう事があります。

 

そして一度ルールを破ってしまうと、そこから崩れるスピードは本当に早いです。このように時間が経過するどんどん曖昧な判断が多くなってしまいます。

ベット金額のルールを変えたりしている

これも先ほどと少し似てるんですがベット金額のルールも自分でしっかりと設定しているんですが時間がたつごとにそのルールの認識がどんどん甘くなってしまい、ベット金額を上げたりしてしまいます。

 

そしてベット金額を上げた時に負け波が来てしまい、一気に負けてしまうパターンがあります。

こういう時にベット金額を上げなければ普通に勝つ事が出来ていたのに自分がルールを破ってしまった事で負けてしまいます。

バカラ攻略の1番の近道は

そこで僕はバカラを攻略する上でどのような攻略法を考えたかと言いますと、この時間に注目してみる事にしました。長時間やる事で自分の集中力がかけてしまい負けに繋がってる事は明確です。

 

ですので長時間プレイしないようにする事を徹底にルール化してみました。

 

長時間プレイする事で稼げる金額も増えるんですが、集中力がない状態でルールを破ってしまうと全ての資金がなくなってしまうリスクを考えると安定仕手毎日増えた方が良いに決まっています。

1回のプレイは10~15分

ですのでバカラの1回の勝負の区切りを10~15分に設定する事で集中力が高い状態で勝負を続ける事が出来ます。

 

10~15分の勝負では資金なんか全然増えないだろうと思ってる人もいるかもしれませんがバカラは、1回の勝負が30前後で決まってしまいますので全然その時間でも勝つ事が出来ます。

 

そして自分の資金が増えてくるとその金額に合わせて勝てる金額も増えてきますので最初の内は勝てる金額が少なくても焦る必要は全くありません。

 

毎日少しでも利益を出す事が出来れば長い期間で見ると複利の力で凄い金額になります。

 

このプレイ時間を徹底する事で常に冷静な判断を行う事が出来て大負けするきっかけをなくす事が出来ると思います。ですが今回の方法は自分のミスを減らす方法ですので負け波を引かないというものではありません。

 

そこで最初に自分の利確のタイミングと損切りとタイミングを設定する事で上手にバカラで運用を行う事が出来ると思います。

まとめ

どうでしたか?今回はバカラで毎日安定して勝つ方法について紹介してきました。ギャンブルで冷静な判断が出来なくなった時が本当の意味で負ける時です。

ですので常に冷静な判断を行い続ける事が出来ればバカラも攻略する事が出来るのではないでしょうか?

コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 最強のギャンブラー

    このサイトの筆者の記事は、正に的を得ていると
    思います。
    私も同じ経験を何度も数え切れないぐらい
    体験していますし、なんとか、それを克服したいと
    喘いでいる一人のギャンブラーですから。
    今、それを克服する為に頑張っています。

    近い将来、真のプロのギャンブラーとして
    生きて行けることを目標にして。

  2. 正論ですね。大数の法則によってギャンブラーは、カジノのコミッション分負けるという理論がありますが、これはノールックフラットベットで賭け続けるという前提であり、負ける原因はハウスエッジが原因と言うよりは負けを取り戻そうとして深追いしたり、大玉を打ってリカバー出来ないダメージを追うからです。勝ち逃げをして、負け逃げをして、浮き沈みを繰り返しながらも最終的な平均配当率が100%を超えれば、ターンオーバーの分だけ利益が積み重なっていきます。しかしながら、なぜ無理な取り戻しに出てしまうかと言えば、一度退却してもまた勝ち越せばいいという自信が賭人にないからなのです。「この局面は追わない。次のチャンス局面で勝てばいいんだ」という考えに至るには、勝ち手をある程度絞りこめるレベルにならないと無理でしょう。おそらく、セオリー通りに負け逃げするだけでは、ズルズルとジリ貧で沈んでしまうと思います。「負け口」はもうはっきりしています。追ってはならない必然的な流れがあり、その確率の罠からいかに身をかわすかが、バカラのスキルです。それは定式化できるものではありません。なぜなら、定式化された時点で、確率の罠にはまっているからです。定式化されないメソッドとは、不確実なものに頼ることになります。それは運見勘です。それをハンドリングするものは、個人の価値観や思想によっても変わってきます。私自身は地面にひれ伏しながらも、リスクを避けて最終的な平均配当率がプラスになればいいという考えです。でも、それは万人にとって受け入れられるものではないでしょう。勝つためにはそうしなさい、とベテランから言われても受け入れられない人はいると思います。そういう人は、せっかくコツコツ稼いだ勝ち金を浮き玉オールインしなければ精神的なバランスが取れなかったりします。そして、そういうギャップが崩れるきっかけになってしまうわけです。バカラに求められるのは、不完全ながらも何とか凌げるメソッドを背後から支える、辛抱強さや信念や謙虚さ、あるいはカジノの華々しい栄光を捨てられるある種の無欲さのようなものと思います。明らかに欲の分だけ、恐怖の分だけギャンブラーのハンデとなります。その場その場は奪われる現実を許容しながらも、目先の金を強欲に奪おうとはせず、長期的に着実に平均でトータルでプラスに振れれば、それ以上理想的な勝ちはあるでしょうか。やはり、勝つことではなく、なるべく負けを少なくしていくことがバカラの本寸法と言えるでしょう。相手に一本勝ちすることでなく、何度も何度も転がされても、何度でも立ち上げれる受身に長けることだけだと思います。そのためには、勝ち率は少しでいいから、大きく負けないことが絶対条件となります。しかし、矛盾するようですが、大事なのは退却する見切りだけでなく、一手か二手か三手は太く打てる見切りも時には必要です。そこで負けたときに、どう立て直していくかを想定しながら、その勝負手に果敢に臨んでいかなければならないのです。そして負けた時には、しっかりと雌伏して一気に取り戻そうとはしない辛抱が求められます。このような取り組みは決して、楽しいことばかりではありません。カジノはエンターテインメントじゃないのか、と言われれば一言もありません。そう思うと、私のような考えでバカラを打つのはかなり特殊であり、ギャンブラーとして正統派ではないのだろうなとも思うのです。

コメントはこちら

*

Return Top