fbpx

ビデスロ

オンラインカジノのビデオスロット情報を徹底的に紹介

最近のビデオスロット実践

続きを表示

闇カジノの実態と危険な罠について

闇カジノの実態と危険な罠について

今回は、日本にも存在する闇カジノの実態について調査していきたいと思います。

日本の繁華街などに存在していると言われる闇カジノですがどのように運営されていて、どのような人達が関わっているかなど調べていきたいと思います。

日本での闇カジノは違法

それでは、最初に日本での闇カジノの現状についてお話ししていきたいと思います。名前からして分かる人もいると思いますが、日本での闇カジノは違法にあたります。

ですので日本で闇カジノを運営したり遊んだりする事で逮捕される危険性がかなり高いので闇カジノに関わる事はオススメしません。

どのような場所で運営されているのか!?

そして闇カジノは、どのような場所で運営されてるのか?という事についてなんですが、主に大都市などの繁華街で営業されてる傾向にあります。

そして営業されてる建物も雑居ビルの一室だったり、こじんまりとしたスナックのような場所など様々で本当に色んな場所で営業がされてるのが闇カジノの特徴です。

このように闇カジノと言いますのは、僕たちの本当に近くに存在して行こうと思えば誰でも簡単に行く事が出来るようになっています。

闇カジノに行く方法とは!?

闇カジノは、何度も言いますが日本では法律上アウトです。ですので普通に運営していると警察などに見つかってしまえば関係者は全員逮捕されてしまいます。

ですので、かなり慎重に営業されてるかと思いますよね?ですが闇カジノに行きたいと思えば誰でも簡単に行く事が出来るようになっているんです。

その行き方についてですが、繁華街などに飲みに行ったりした時など、色んなキャッチの人間が存在していると思います。そして飲み屋を探してる時などにキャッチの人などからギャンブル(闇カジノ)どうですか?などと普通に声をかけてくる事も全然あります。

そして自分からキャッチの人などにギャンブルありますか?などと聞くと誰でも簡単に闇カジノに連れて行ってくれるんです。

これには理由がありましてキャッチの人などがお客さんを連れて行く事で紹介料を頂いているので、キャッチの人も闇カジノを普通に紹介していると思います。

基本的に紹介がメイン

闇カジノは基本的に合法的に運営されてる場所ではありませんので、紹介でしか行く事が出来ません。理由としましては闇カジノ側の対策などもあると思います。

誰でも簡単に入れてしまうと、中には警察の方などが入ってきてしまうと普通に全員根こそぎ逮捕されてしまう危険性があるからです。

ですが紹介がメインと言っても客層が本当にバラバラですので一般の方もかなり多く闇カジノを利用しているのではないでしょうか?

ホステスなどの紹介で行く場合も

闇カジノに行く方法なんですが、紹介がメインになると言いました。普通はキャッチの人だったり知り合いからの紹介で連れて行かれる事が多いと思うんですが、中には、飲み屋の女性から誘われるケースもあるようです。

ここからは、僕の勝手な予想になるんですが、飲み屋の女性は夜の世界の人なので、そのような危険な人達とも交流がある可能性は高いと思います。

そして飲み屋に、そのような人達が来た際に仲良くなり、闇カジノなどに足を運ぶ事になり、そのまま自分の店に来た男性にも声をかけているとケースが予想されます。

やはり夜の世界と言うのは、華やかな一面があるように黒い部分も渦巻いているので十分に注意が必要ですよね。

闇カジノはどんな対策を行っているのか?!

それでは、闇カジノは警察に見つからないように、どのような対策を行っているのか詳しく調べていきたいと思います。

闇カジノは見つかれば当然逮捕される事になるので、運営側もかなり見つからないように慎重に色んな方法で隠れていると思います。

その方法と言いますのが下記のようになります。

お店は定期的に変える

これは代表的な方法だと思いますが、普通のお店が頻繁に場所が変わるという事はあり得ません。ですが闇カジノは見つからないようにしないといけませんので、かなり短期間で店を変えてるようです。

それくらいの頻度から言いますと1~3か月で店を変えて特定される事を防いでるようです。

やはり同じ場所で営業し続けると警察に見つかるリスクがかなり高くなんですかね。

入口には黒服を立たせて警戒

そして店の入り口などには、黒服を立たせて確認無しでは入れない仕様になっているお店が多いようです。ですので紹介などの場合は、問題なく入る事が出来ると思いますが、紹介者などがいない場合は、黒服の人から追い返されるのではないでしょうか?

このように黒服を立たせる事で店の関係者以外の人間を入れないようにしています。

エレベーターなどがとまらない

こちらは雑居ビルなどの場合が多いのですが最初からエレベーターなどがとまらない仕組みになっており、普通の方法では闇カジノに立ち入る事が出来ない仕組みになってる場所も多いようです。

このようにエレベーターがとまらなければ行く事は不可能ですので、警察などは、結構苦戦するのではないでしょうか?

闇カジノに行く人はどんな人が多いのか?!

それでは、今度は闇カジノに行く人はどのような人が多いのか調べていきたいと思います。

闇カジノ関係のニュースでたまにスポーツ選手の人だったり、芸能人の方などが問題になってる事がありますが、どのような職業の人達が多いのか見てみると主にこのような人達が多い傾向にあります。

まずはニュースにもなってる場合が多い、芸能人の方やスポーツ選手と言った人たちがいます。そしてお金に余裕のある夜の仕事の人達や経営者の人が闇カジノを利用しているという声を聞く事が多いです。

このようにお金に余裕のある人は闇カジノに行く傾向が多いようです。ですのでお金の集まる場所や人の近くには、やはり黒い存在や場所が関係してる事が多いですね。

そして最近では、一般人の方も闇カジノで遊んでる人も増えてる傾向にあるらしいです。これは繁華街のキャッチなどの人から流れてくるパターンで闇カジノではテーブル毎のミニマムベットとマックスベットが設定されています。

ですのでミニマムベットの低いテーブルでは一般の人などが遊んでミニマムベットの高いテーブルではスポーツ選手や芸能人の方などが遊んでるようです。

闇カジノのランドカジノと同じように客層が様々になって様です。

闇カジノには足を運ばない

闇カジノはかなり危険な存在です。関係してる人達もほぼ確実に暴力団関係者になっていますし何かトラブルがあった際などは、本当に危険です。

そして、闇カジノで実際にお金を賭けて遊んでなくてその場に居合わせただけでも警察が入って来てしまうと逮捕されてしまいます。ですので出来るだけ闇カジノには近づかないようにしましょう。

国に許可されてるオンラインカジノで遊ぶ

どうしてもカジノで遊びたい場合は国のしっかりとしたライセンスを取得してるオンラインカジノで遊ぶ事をオススメします。

闇カジノは、公平な機関に管理されていませんが、オンラインカジノは国の公平な機関によって管理されていますので、いかさまな不正なども起こる事はありません。

オススメのオンラインカジノはこちら

まとめ

どうでしたか?今回は、闇カジノの実態について詳しく見ていきました。闇カジノは名前の通り危険な場所です。そして純粋にギャンブルで勝ちたいという人が行く場所ではありません。

ですので、今後闇カジノに誘われるような事があっても絶対に足を運ばないようにしましょう。

コメントはこちら

*

Return Top